Menu

地上権と賃借権

0 Comments

世の中にはいろいろな権利が存在しています。借地権などもその1つだと言えるでしょう。そんな借地権には、地上権と賃借権というのがあります。どのような意味なのか分からないという人もいるでしょう。地上権というのは、建物の売買や建て替え、リフォームなどが自由にできることを指します。一般的に借地権というと、こちらの地上権を指すことが多いと言えるでしょう。

それに対して賃借権というのは、持ち主の許可なしに売却やリフォームなどを行うことはできません。一般的な賃貸住宅がこの賃借権だと言えるでしょう。民法上では地上権のことを物権と呼ぶのに対して、賃借権のことを債権と呼んでいるのです。地上権を持っているという人は少なくなっているのに対して、賃借権を持っている人はかなり多いと言えるでしょう。

地上権は比較的強い権限を持っているのですが、それほどトラブルが多いというわけではありません。それに対して賃借権を持っている人はかなり多いですし、現在でも賃貸住宅で生活している人が多いことから、トラブルになるケースも多いと言えるでしょう。一般の人はこのような権限などについては知らないでしょうが、土地を持っている人や不動産関連の仕事をしている人などは、知っていないといけないことでもあります。