Menu

借地権付き住宅

0 Comments

借地権付き住宅を購入する場合や、売却する場合にも必ずメリットとデメリットが存在しています。世の中にはデメリットしか存在しない物はあっても、メリットしか存在しない物というのは基本的にありません。もちろん借地権付き住宅の売買であっても同様です。重要なのは、デメリットを事前に把握しておき、どのように対処するのかを知っておくことと、メリットが大きい場合にのみ利用することでしょう。

ちなみに借地権付き住宅の売買は、実際デメリットよりもメリットの方が多くなっています。では、どのようなメリットがあるのかというと、最大のメリットと言っても過言ではないのが費用の安さです。近年は政治家の悪政によって、増税が頻繁に行われているだけではなく、物価高で生活が苦しい人が増えているので、費用が安いというのはかなりのメリットだと言えるでしょう。

どれぐらい安くなっているのかというと、一般的な購入方法に比べて、6割から8割ぐらいの安さになっていることが多いのです。場合によっては半額になっていることもあるのですが、これだけ割り引かれていればかなりお得でしょう。さらに固定資産税の支払い義務がないというメリットもあります。デメリットは期限が設けられている点でしょう。